世界を一周する少し変わった方法 Around The World trip

クルーズ船で行く世界一周

2014年12月1日 / by wplois


豪華客船で世界一周。なんと優雅な響きでしょうか。飛行機や電車のような窮屈な移動なしで、世界の観光地を回れる旅。いつかはやってみたいことの一つです。実際にはどんな旅行で、どんなところを回っていくのでしょうか。有名なクルーズ船「クイーンエリザベス」のワールドクルーズの内容を少し見てみましょう。

クイーンエリザベス世界一周の旅は、イギリスのサウサンプトンから始まります。サウサンプトンはイギリスの一番下のほうの街で、多くのクルーズ船が母港としています。11世紀のころから多くの船が行き交う港町として栄えていて、あのタイタニック号もここから出航していたとのこと。

そんな、由緒正しきサイサンプトンを出発して最初に向かうのがアメリカのニューヨークです。ちなみにサウサンプトンからニューヨークまで、大西洋を6日間ほどかけてクルーズするようです。広い広い大西洋。日本人は日本が中心の地図をよく見ていて、大西洋が両端に来ているためあまり存在を意識しないことも多いかもしれませんが、欧米は大西洋を中心としています。いきなり大西洋を横断するという段取りに、そのことが表れているような気もしますね。
船はその後、バハマやコスタリカといったカリブ海地域に入っていきます。そしてパナマ運河を通ってアメリカ西海岸へ。そこから太平洋、アジア、オセアニア、中東とめくるめく世界一周の旅が続いていきます。東京と長崎にも途中で寄るようです。日本人として参加する場合、ちょうど日程の真ん中あたりで一時帰国が可能なのもよさそうです。

03